薩摩田舎家

金柑の効果

金柑の効果

ハウス金柑とは

 ハウス金柑は、加温することで開花を調整し、収穫の時期を早めています。

  • 甘さ
     ハウス金柑の糖度は、巨峰ぶどうに匹敵するものも。
     熟期が進む(2月頃)と、18度を超えます。
  • 酸っぱさ
     従来の庭先にある露地のものとはまったく違います。
     種の部分に少し酸味が残る程度。この酸は果実が長持ちするために必要です。
  • 食べ方
     皮ごとが基本です。
     農薬の使用など厳しい基準にクリアしているので安心して食べてください。
     

金柑にはこのようなものが

 ビタミンCが豊富

  • 果実にはさまざまなビタミンが豊富に含まれています。
       
     ・ビタミンC

お肌を綺麗にし、血管や骨を丈夫にしたり、風邪や病気を予防する、まさに人にとって大事大事なビタミンです。
金柑には、このビタミンCがとても豊富に含まれています。

   ・カルシウム

金柑には、果実としては珍しいカルシウムが含まれています。
カルシウムは、丈夫な骨や歯を作る大事な栄養素、また、神経の緊張緩和に役立ちます。

  • 美味しい食べ方
     それはもう、皮ごと…がベスト!
     あとをひく美味しさです。
     昔の金柑の思い出はきれいさっぱりと洗い流してください。

甘露煮の作り方
マーマレードの作り方

a:4496 t:1 y:4 

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional